INDEX

便利なサイト

企業のPR動画作成の際は動画制作をクラウドソーシングに依頼するのが最適です。気鋭のクリエイターが要望に沿った動画を格安で制作してくれます。コストを抑えつつ高品質な動画を作れるのがメリットです。

動画制作に必要な基礎知識

動画制作には、いろいろな知識が必要になります。基本的にはパソコンを使ってデジタル処理することが多いですから、普通にパソコンを使えなくてはなりませんし、ソフトの知識も重要です。どのような操作方法をすれば効率的なのかということを知っていなければ、作業効率は悪化して時間だけがかかってしまうことにもなりかねません。プロの現場で仕事をしようと思うなら、ソフト類の操作は意識しないでもできるレベルになっておく必要があります。 映像理論についても学んでおくと、よりよい動画作りができるでしょう。イマジナリーラインや、感情表現の仕方、色の基本的な知識も必要になるケースが多いです。運動についても知っておくべきですし、理系の学問もやっておいて損はありません。もちろん、デザイン力や日本語能力も重要です。 むしろ必要にならない知識がないぐらいです。多くの知識を、動画の中に詰め込んで質をアップさせる役に立てることができます。その人の人生経験をすべて注ぎ込むことができるのが、動画制作というジャンルなのです。ですから、個人個人によって作品の質にばらつきがでます。もしもいい動画を作って、世界中の人にアピールしたいなら、いろいろなことについて勉強することを恐れていはいけません。これが将来何の役に立つのかと疑問に思うことほど大切になることもあるのです。すべてを自分の経験として取り込む姿勢こそが、才能だと呼べるのかもしれません。

 

フリーソフトで作る動画制作

今の時代は、家庭用のごく普通のパソコンが一台あれば、プロ顔負けの素晴らしい動画作品を作ることができます。しかも、お金をほとんどかけないで、さまざまな種類の動画作品を完成させることが可能になっているのです。 今のパソコンは、一昔前にプロが使っていたものよりも性能がよかったりするので、さくさくとストレスなく作業を進めていけるのです。しかも、動画制作ソフトもフリーで高機能なものがたくさん発表されています。市販されている数十万円もする動画制作ソフトを購入する必要はほとんどないのです。もちろん、プロの現場に飛び込もうと思うのであれば、専門学校に通ってそういったプロユースのソフトの操作方法を学ばなくてはいけませんが、個人で制作して動画サイトにアップする程度であれば、無料のものでも十分です。それでも、目的を達成させるだけの機能はあらかた揃っています。 英語のソフトが多いですが、有志が日本語化を進めてくれている場合もあるので、初心者にでも問題なく使っていくことができます。時間をかければ、3DCGをふんだんに使ったハイレベルな動画も完成させることができます。今では世界中の人が見ている大きな動画サイトがあり、そこで発表をすれば宣伝をしなくても数万人に作品を楽しんでもらえます。そこからプロへの道を切り開いた人たちもいて、現在は個人でクリエイティブなことをするのがブームになっていると言っても過言ではないのです。